模糊日記

模糊日記

読書、アニメ、マンガ、ロードバイクなど思ったことを書きます

読書の楽しみ方

読書という言葉を聞いてちょっとお堅いなーとか真面目系かよと思う人がいるかもしれませんが話します。数ヶ月前ですが友人と読書についての話になりました。そこで読書への考え方の違いについて差異が起きて少し盛り上がった(ような)気がするので覚えている内容を少しまとめていきたいと思います。

 

 読書の考え方とスピード

ここでは小説を読んだということを例にあげていく。

読書の考え方

私は小説を読む際に意識していることは、フィクションの物語であっても、自分が主人公つまり物語の当事者であることを意識しながら読んでいくことを心がけている。心がけているというと大層なことをやっているように感じるかもしれないが、中学の国語のテストでよく”この時この登場人物の気持ちはどのような気持ちか?”という問題に対して読者(回答者)は登場人物の気持ちにならなければいけないはずである。大袈裟かもしれないが感情移入しましょうという話だと私は思っている。つまりあたかも自分が小説の世界に入り込むことを期待している問題だと解釈している。その癖からテストでなくても普通に小説を読むときは感情移入、物語の世界観へ入りこもうとする。物語の世界に入り込むことで新たな思想が生まれると思うし、少なくとも今の自分に欠落している感情や考え方を与えてくれると考えている。深く登場人物の思想や考え方を得るためにはやはり当事者意識を持つ必要性があるはずだと思う。

しかし友人はそんな私に対して言ったのだ「真面目に読みすぎじゃね」。そんな友人はどのような思いを持って読書しているのかを聞いたところ、深く考え込まずに語彙を増やす、ストーリーを楽しむために読んでいるというようなことを言っていた。小説から自分の価値観を変えようという思想を持っていなかったのだ。小説の現実は別物であるという考え方である。確かに小説はフィクションであるため現実のものではない。一理あるなと思った。

読書スピード

わざわざ前節と同じ章に読書スピードについての見出しを持ってきたのには意味がある。登場人物の感情に埋没する私の読み方は非常に時間がかかる。そのやりとりが行われる場所をイメージし、これまでのストーリーから今この登場人物はこの感情を持っているのではないかなどを考えながら読むためである。友達はストーリーの流れに身を任せるため、このセリフの真意はなんだろうと深く考え込まないということだろう。そこでスピードに違いが生まれてくるのであると思う。

 

D坂の殺人事件

友人と江戸川乱歩の”D坂の殺人事件”について話したことがある。このD坂の殺人事件詳しい話は省くとして私的にはめっちゃ面白いという感想には行き着かなかった。しかし、友達は面白いよねというのである。なぜそこに違いが生まれたのだろうか?ちょっと考えて見たいと思う。女性が殺される殺人事件が起き、その顛末は不倫関係にあった男が犯人であるというものである。その殺人に至る経緯がなんとも腑に落ちないものだと私の考え方である。決してストーリーがドロドロしているわけではないのだが加害者に感情移入が非常にしずらいのである。SMが趣味でそれが行きすぎて殺してしまったという顛末にどうも腑に落ちないのである。その加害者がドMという描写はなく、最後謎解きのシーンで明智小五郎が言ってしまうのである。確かにストーリーとしては意外性があり面白いと思う、しかし、幾ら何でも簡単すぎないかと思ってしまうため私はちょっと面白いとは言い難いなと思う。ストーリーを楽しむ人には面白いかもしれないが、物語の中に埋没したいと思う人には物足りないため差異が生まれたのだと思う。

 

最後に

読書の価値観というものには複数あることがわかりちょっと面白いなと思い記事にして見ました。かなり走り書きで書いているので所々文章として成り立たない部分があると思うので改訂して行きたいと思ういます。決して江戸川乱歩がつまらないと言っているわけではなく日本を代表する文豪として尊敬に値する人だと思います。

青くて痛くて脆い -住野よる-

とてつもなく風が強かった3/1にその本は手に入りました。昨年実写映画化そして今年にはアニメ映画化される”君の膵臓をたべたい”の作者住野よるさんの最新作”青くて痛くて脆い”。前作”か「」く「」し「」ご「」と「”から約一年ぶりの新刊です。感想を書いて行こうかなと思います。

 最後まで読んでもらえたら嬉しい限りです。

 あらすじ

人に不用意に近づき過ぎないことを信条にして大学に入学した僕(楓)。その前に理想を追い求めることを信条にする秋好寿乃が現れる。彼女は授業中に空気の読めない発言をするなど楓とは正反対を生きる人間だったが二人で「モアイ」と呼ばれる秘密結社を立ち上げる。この秘密結社は自分の求める理想のために小さな活動を行っていく活動をしている。3年後その組織は大きくなり楓はその組織をやめごく普通の大学生として就職活動を行なっていた。そして楓が組織を抜けた原因は秋好を喪失してしまったこともあった。組織はいつの間にか大きくなり最初2人で掲げていた理想とは離れたものになっていく。その組織を正しい方向に変えるため(リセット)するために楓は同級生の董介と共にモアイ潰しをはじめる。モアイ潰しの果に楓は何に気づくのか・・・

 

住野よるさんの良さ

キャラクターの心の変遷

住野よるさんが描くキャラクターは陰から陽、陽から陰への変遷が非常に読んでいて面白いものが多いような気がします。君の膵臓をたべたいを例にあげると主人公の僕(志賀春樹)も外には出ないような根暗な感じではあったがヒロイン(山内桜良)と出会い考え方や人との関わり方を変えていく。今作品では誰も傷つけないことを信条としなるべく目立つことなく暮らしたい楓と自分の理想を追い求めるために空気の読めない発言する秋好と関わることで楓の心の中が変化していく様子がわかってくる。

共感のしやすさ

フィクション作品なので物語全体が共感しやすいと言うよりは断片的にこの気持ちはわかるなと言う部分が非常に多いです。こんな人学校にいそうや自分もこんなことしていたなど既視感のある人物や場面に出会うことが多いですが、決して退屈になる印象がありません。きっと当事者でしかわからない気持ちや受け取り方と言うものが十人十色だからなのでしょう。

 

感想

今作品の感想をつらつらと書いて行きます。

人を失うの種類には2種類あることがわかりました。物語は大学1年生の時に初めて秋好と楓の出会い、モアイの誕生が描かれ、そして”あの時笑った秋好はもうこの世界にはいないけど。”で締めくくられる。一見事故や病気でなくなったことを想像してしまう。しかし、それは安直であることを物語のピークを迎えるところで明らかになるのです。モアイを潰すために活動していた董介にもうやめないかと言われるシーンでまさかの名前が明かされるのです。死というものはその場にいなくなることで失うものであるが、今回は人が変わったことを失うという言い方をしている。これには偶の音も出ませんでした。明らかに自分に欠落していた考え方でありました。決して秋好と楓は彼氏彼女の仲ではないのですが、この人が変わったということで決別してしまうのです。

この作品で印象に残ったワードがあります。正確には覚えていませんが”心の1層目と2層目”という言葉です。裏表がない人など言いますが絶対にそんな人はいないと思います。自分自身でもそう思いますし、どの自分が本心なのかも正直わからなくなる時があります。陰キャラなのか陽キャラなのかなどは本当に困る質問の一つです。もとを辿れば多分自分は根暗や陰キャラと称される部類だと思っています。何にでも対応できるようにテンションの開閉をしているのは自分でもわかるような気もします。

誰も彼も、理想を語る。誰のためだと優しさを語る。けれど、薄皮一枚はげば、そこに自らの欲望があって打算がある。

 青くて痛くて脆い 住野よる 角川書店

 

結局はみんな自分のためで、そこにあるものがなんだってよくて、そこにいるのが誰だってよくて、自己顕示欲やお金や性欲のために、人を利用できる。

 青くて痛くて脆い 住野よる 角川書店

モアイ討伐の佳境で楓がモアイのリーダーと話している時このような言葉が挟んである。この思考や行動というのは自分たちが生活していく上で切っては切り離せない感情なのかもしれないと私は思う。この思考は思ってもなくとも心の隅には絶対に潜在的に存在していると思う。ただ言えることは一つだと思うがこの感情があるからといって簡単に人を傷つけてはならないというところだろう。全て人間対人間の関係性にフォーカスした作品だと思うが、ここまで人を傷つけるという部分を強く印象に残る作品は過去作を通じて初めてだと思うが、人間関係の複雑さを再認識できる作品だと思います。人が傷つく描写の印象が強いが決して胸糞が悪くなるような作品ではなく最後に救われたような気分になれる作品であることは強調しておきたい。

 

最後に

この作品は大学生が主人公である。また、就活が裏テーマだったりするような作品だったりすると思う。私は就活を終え残り1ヶ月切った学生を満喫しているところだが、就活を控えている人にはほんのわずかではあるが心が締め付けられるような描写があるかもしれないが、就活中に読んだから鬱になる本ではないので是非一読してほしい作品である。特に35〜36は特に就職先への考え方を考えさせられるだろう。

 

今作品

青くて痛くて脆い

青くて痛くて脆い

 

 前作品(めちゃめちゃキュンキュンします)

 

か「」く「」し「」ご「」と「

か「」く「」し「」ご「」と「

 

 

 

https://www.instagram.com/p/BfymIoEjpVO/

青くて痛くて脆い君の膵臓をたべたいの住野よるさんの最新作。大学生が主人公の作品。傷つけてしまったことで気づけることもある。それをただそんなことあったな程度にすませていいのかを考えさせられる本。まさかすぎる展開にドキドキしながら読める作品。読み終わったあと装画と物語が繋がっているようで手にとって読んでもらいたいなと思える。#青くて痛くて脆い #住野よる #読書記録

 

自転車に乗るときに気をつけている事

ロードバイクを購入してから自転車に乗るときに気をつけていることがいくつかあります。

 

 

歩道は極力走らない

自転車は名前の通り車です。車道を極力走るようにしています。車道を走るときはきちんと車の進行方向と同じようにしなければ行けません。向かい側から車が走ってくるのはかなりの恐怖です。歩道はあくまでも歩行者のもの自転車がでかい顔して走るのは道義に反してしまうのです。

 

食事をきちんととってから

自転車はエンジンがついていない代わりに人間がエンジンとなる乗り物です。きちんと栄養をとっていないとハンガーノックと呼ばれる低血糖になることがあります。ロングライドでなくても体を使うので食事(栄養)は取らなければ行けないと思います。

 

横に広がりながら走らない

仕方なく歩道を通るとき横に広がりながらだと歩行者の邪魔になります。あくまでも歩行者が一番です。車道を横に広がりながら走ることができますかという話にもなってきます。

 

乗車前の確認

タイヤには空気が入っているか、ブレーキは作動するか、ホイールにブレはないか、ハンドル・サドルは固定されているかなど自分の命を預ける自転車なのでちゃんとチェックしなければなりません。

 

ヘルメットの着用

いざという時に身を守ってくれるヘルメット、ロードバイクのタイヤは軽快車に比べ細く少しの路面のギャップやスリップで転倒しやすいです。転倒したとき頭を守ってくれるものがなかったら怖くて自転車に乗れません。

 

法令の遵守

イヤホン運転結構やっている人が多いと思います。でも本当に危険です。法令では禁止とまで書かれていないようですが周囲の状況把握をできなければいけないの類いで規定されているようです。どう考えても音漏れしているようなイヤホン着用の運転者は歩行者として歩いていても怖くて仕方ありません。大きい音に気づけばいいだろうと考えているのも少し怖く感じます。小さい音の情報はかなりあると思います。人の足音、車のちょっとした音など事故を未然に防ぐためには目からの情報だけではなく耳からの情報もしっかりと入れるべきだと思います。あと、飲酒運転もダメです。自転車では酒酔い運転が罰則を受けるようです。酒酔い運転は酒気帯び運転と違い呼気に含まれるアルコール濃度で決められているわけではなく「まっすぐ歩くことができる」や「言語能力が欠落していないか」のような基準で決められるそうです。自分はお酒に強いからとたかをくくっていると懲役5年以下または100万円以下の罰金が課せられるそうです。車と同様にお酒を飲んだら自転車は乗らないようにしましょう。不幸しか産みません。

 

ざっと自分が気をつけていることを書いて見ました。日本は自転車に乗る人は多いが専用道路が少なかったりで自転車に関する法令などはなかったことにされがちですが、注意しないと凶器になりかねない存在だと思います。

とりあえずひと段落

久々の更新になりますが・・・

卒業に必要な書類やら発表やらで怒涛の2、3週間でした。

 

一ヶ月点検に久々に通学以外にロードバイクに乗りましたけどやっぱり自転車を漕ぐのは楽しいですね。まだ空気は冷たいですが風を切る感じがなんとも言えません。

カーボンフレームの軽さもさることながらブレーキのスキール音がなんとも言えないんですよねー

ロードバイク購入備忘録Part2

前回に続きましてロードバイク購入備忘録を書いて行きたいと思います。

 

 

完成車を買った時に必ず買うものは?

ロードバイクは速さを追求した自転車という前提があります。その背景から様々なものが別売りとなっております。箇条書きで示して行きます。

ペダル

完成車を買ってもペダルは付いておりません。ロードバイクのペダルには通常の自転車についているフラットペダルとペダルに足を固定することができるビンディングペダルがあります。このビンディングペダルビンディングシューズとセットで買わなくてはいけません。ここで注意しなければいけないのはビンディングシューズとペダルの相性がありメーカーが違かったりすると固定できないという悲劇が起きます。

ライト

ロードバイクには発電式のライトがついていません。そこで必要になってくるのが別売りのライトが必要になります。このライトは前、後ろ両方についけなければいけないので二つ必要です。

ベル

ライトはわかるけどベルも?とお思いかもしれませんがベルは装着の義務があるのでご注意を・・・

 

あったらいいもの

必ずではないですがあったらいいなと思うものを列挙していきます。

ヘルメット

頭を守る大事なものです。いくらスピード出さないと言っても乗ってるとスピードを出したくなるもんです。スピードを出すとすると歩道は危ないので車道を走ります。自転車は軽車両なので車道を走るのは道義にかなっているんです。

サイクルジャージ、サイクルパンツ(レーシングパンツ)

サイクルジャージの後ろには深いポケットがついておりそこに補給食であったり財布などを入れることができます。便利そうです私もいずれ買わなくてはいけません。そしてレーシングパンツはマジで必要だと思います。ロードバイクのサドルのクッション性は皆無です。めちゃくちゃお尻が痛いです。そこで必要になってくるのがレーシングパンツです。レーシングパンツにはクッションが入っているので長時間サドルに座っていてもあまり痛くならないと思います。これも買わなくては・・・

サイコン

サイコンはサイクルコンピュータのことです。速度や距離、時間、回転数などを測れます。今自分がどれくらいの速度で走っているかを確認できるのは楽しいと思います。また、心拍数の計測もできるものもあるため体調をチェックできます。これも欲しい!

ロードバイクは高価なものです。窃盗に合うリスクも高いでしょう。そこで、鍵はマストアイテムだと思います。

ボトルゲージ・ボトル

ボトルにはスポーツドリンクなどを入れ、ボトルゲージは自転車につけ自転車とボトルを一体化するための部品です。漕ぎながらも水を飲める楽ですね。

 

自転車は楽しい

ロードバイクのあの爽快感は本当に感動します。そしてタイヤから感じる路面の感じはやみつきになります。真波くんの言葉を借りると俺生きてるって感じがします。毎日見てても飽きません。あの美しい流線形はいつ見ても飽きません。

 

この記事がロードバイクが気になっている人に見てもらえると嬉しいなと思います。

 

 

shimenoyuki.hatenablog.com

 

ロードバイク購入備忘録Part1

 今回はロードバイク購入について備忘録程度に書いていこうと思います。

 

 

ロードバイク購入の経緯

弱虫ペダルの影響が一番大きいでしょう。真波山岳の生を感じるという名言が頭から離れなく、自転車に乗りたいと思いました。それに加え学校では授業こそはほぼないがそれなりにやることはありリフレッシュの要素として自転車でも始めてみようかなと思ったのもキッカケの一つである。

 

まず自転車屋に行こう

弱虫ペダルツール・ド・フランスなど自転車が多く取り上げられているものを見たことはわかると思うがロードバイク一つとっても様々なメーカーがあります。自転車はマイナーチェンジで年が変わるごとにカラーの感じが少しづつ変わるためテレビでこの色いいなと思っても買えないことがあったりする。そこで実際に目で見ることが一番だと思います。

 

完成車かフレームセットかをチェックを忘れずに

ロードバイクの販売形態には二つあります。それがフレームセットと完成車の二つです。フレームセットはフレームのみの販売になっておりギア、ブレーキ、ハンドル、ホイール、サドルなど自転車を構成する部品を購入し組み上げなくてはなりません。組立もショップの人に任せるとなると別途工賃が必要になってきます。一方完成車はペダル、ライトを除いて組み上がっている状態で販売されています。

 

フレームについて

ロードバイクのフレームには大きく分けて3種類あります。クロモリ、アルミ、カーボンの三つです。大きな違いは軽さになります。また、軽さが軽くなると値段をそれに従い高くなっていきます。クロモリは丈夫ではあるが重さがかかります。しかし、細身のフレームを好む方はクロモリがいいのかなと思います。アルミはクロモリより軽くなっています。しかし、腐食はします。それより軽いのがカーボンフレームです。カーボンフレームはプロのロードレーサーがしようするバイクに使われています。近年の技術革新により価格も低くなってきています。

 

コンポについて

ロードバイクの心臓部とも言えるかもしれないコンポーネント(コンポ)は変速機(ディレーラ)やブレーキ、クランクなどの自転車を構成する部品のほとんどを占めるセットになります。コンポーネント市場はシマノ、カンパニョーロ、スラムがあります。基本的にディレーラの話を書いて行きます。シマノロードバイク用のコンポには7種類あります。上ランクからデュラエースアルテグラ、105、アルテグラ、ティアグラ、クラリスターナーです。シマノのコンポは故障時に部品等をすぐに集められるという利点があります。カンパニョーロはシマノのコンポに比べほぼ同スペックでも値段が高くなります。スラムはコンポ業界には最近頭角を現してきた企業になります。それぞれの会社で何が違うのかとなるとシフターの構造でしょうか。シマノはブレーキレバーとその内側のレバーでシフトのアップダウンが可能です。カンパニョーロはブレーキレバーの内側のレバーとブラケットを握った時に親指に当たるところにレバーがついておりその二つで操作します。そしてスラムの場合はブレーキの内側についてるレバーの押し込み加減で変わって行きます。

 

 メーカー

自転車のメーカーはたくさんあります。GIANTやBianchi、redleyなど多くあります。ほとんどが外国のメーカーになりますが日本のメーカーだとやはりブリジストンがアンカーというブランド名を使って販売しています。各社それぞれ独自の技術やこだわりがあるため書ききれません。最近は女性でバイクに乗る人も増えているようで女性向けのバイク作りに注力している会社もあります。スペシャライズドやredleyなどが女性向けのフレームを発売しています。GIANTはLivというブランド名で自転車やウェアを展開しています。

 

自転車のモデルの更新ていつ頃?

自転車のモデルの更新は基本的に秋頃に行われるそうです。2018年モデルは2017年の秋には発表されいるような感じです。会社によっては生産本数に限りがあるため2018年の夏から秋にかけて2018年の自転車が欲しいとなりサイズの問い合わせをするとなかったりするそうです。

 

最後に・・・

このまま書いていたら2000字を超えそうなのでこの辺で終わりにしたいと思います。次にPart2を書きたいと思います。Part2では自転車を購入する時に同時に絶対買わなくてはいけないものとあるといいなと思ったものなどを書いて行きます。余力があれば自分の自転車についても・・・

読んでくれた皆様ありがとうございます。第二弾もよろしくお願いします。

風邪をひきました・・・

どうも今月2回目の投稿になります。

 

先週昨年度一緒に研究をしていた留学生がフィンランドから観光しに日本に来るよというので飲みに行きました。久々の留学生とのハードな飲み会とりあえず乾杯はウォッカショットまぁ一杯くらいなら全然いけます。久々に会うというのに特にこれといって取り上げるような話はなく他愛もない話をしてました。留学生君は日本のギャンブル要素のあるゲームがとても好きなようでチンチロをやろうと言い出しました。チンチロとは簡単にいうとサイコロを振って優劣を決めるというゲームです。負けたらウォッカショットが待っています。結局私は5杯ほど飲みました。店にあるウォッカを全部開けました。いくら開封済みといえどもアホですね。まぁその日は2時まで飲んで家に帰りました。

 

翌朝学校に行かねばならなかったので普通に起床してみると・・・おや、喉が痛いな酒の飲み過ぎかな?ウォッカ以外にもウィスキーのお湯割、ビール、カクテル飲んだしそりゃ焼けるかと思って学校に行きました。学校に行くと・・・あれ、頭痛くね・・・二日酔いかなとたかをくくり家に帰って寝ました。

 

夜が開けてみると喉の痛みはひいてませんそして鼻水が止まりません・・・あ〜こりゃ完全に風邪決定です。

それだけの話です。自分で書いててもつまらんなぁ

まぁいいです。

 

最後に同級生の友達がどうやら風邪をひいたそうです。みなさん気をつけて下さい。論文やら発表がたてこむと思うので・・・