模糊日記

模糊日記

理系人間による読書記録とその他の記録

激アツの高校サッカー漫画DAYS-概要及び登場人物編-

さて、こないだ記事に個人的に激アツな高校サッカー漫画DAYSについて軽く触れたところで今日は一体DAYSはどんな漫画なのかそしてどんな登場人物が出てくるのか今回は説明していきたいと思う。

 

 

概要

高校入学を前にして運動神経が悪い柄本つくし(主人公)はひょんなことから同い年のサッカーがとても上手い風間陣と出会う。出会ってすぐに風間はつくしをフットサルに誘う。そして二人は友達になる。なんという偶然か二人の進む高校は東京にあるサッカーの名門校聖蹟高校であった。風間は監督から直々に声をかけてもらい入学、かたやつくしは一般試験での入学であった。つくしはフットサルの楽しさが忘れられなく再び風間とサッカーをしたいという動機で入部する。名門つまり強豪のサッカー部は練習がきつくつくしは早くも他の部員から怪訝な目を向けられる。しかし、つくしは練習に励みまた合宿などを通して仲間と打ち解け初めての大会インターハイ予選を迎える。インターハイ予選では惜しくも準優勝に終わったが、夏で成長したチームは東京絶対王者と呼ばれる東院学園に勝利し冬の全国高校サッカー選手権に出場する。全国の舞台には東京にはいなかった猛者たちと対峙して行く。現在全国大会真っ最中である。

 

登場人物

様々な高校が出てくるため個人的に重要かなと思う登場人物をチーム別に記載していく。また、サッカー部に深く関係する人たちをピックアップするため、サッカー部の選手、マネージャー、監督のみの紹介となる。またフルネームが分かっている場合でも苗字のみの場合があります。詳しくはウィキってください。(気分次第で更新するかもです)

 聖蹟高校

  1年生(柄本つくしと同級生)

   柄本つくし(FW)・・・本作品の主人公。高校からサッカーをはじめるがベンチメンバー。努力を惜しまないつまり諦めの悪い人間である。父が幼い頃に他界したため足が不自由な母に育てられる。母を思う優しさから献身的なプレーを得意とする。

   風間陣(FW)・・・全国大会に出場し全国からの注目を浴びる天才少年。聖蹟高校の三本の矢の一人。金髪長髪の見た目ではあるがとても友達思いそしてチーム思いの選手である。つくしをサッカー界に引き込んだ張本人。

   来須(MF/FW)・・・初心者で入ったつくしを怪訝な目で見ていたが今はチームメイトとして認め、気遣いをしたりしている。体力は一年生の中でもレギュラー陣と遜色がないらしい。自分ではパスセンスがあると思っているがそんなことはなく持ち味は泥臭いボールキープである。

   新渡戸(DF)・・・来須とよくつるむ。自分が履き潰したスパイクの数を数えている。選手権の予選からCBのレギュラーである。

   白鳥(FW)・・・来須とよくつるむ。試合に出ている描写はあまりない。髪を後ろで束ねている。

   今帰仁(GK)・・・来須たちとよくいる描写が多い。キーパーとしての基礎はまだまだだが身体能力は高い。全国大会の2回戦では負傷した猪原に代わり出場し勝利に貢献した。

 

  2年生

   君下(MF)・・・親は小さなスポーツショップを営んでいる。よく店番をしている。一年生時から10番を約束された男と呼ばれる。フィジカルや創造性といった部分では平凡ではあるがキックの精度は一級品である。高校サッカーの予選ではフリーキックハットトリックを達成した。とてもキレやすい性格である。

   大柴(FW)・・・三本の矢の一人で長身のCF。高さだけではなく足元の技術も高い。君下からは喜一と呼ばれる。君下とは犬猿の仲である。物語序盤では守備をせずに自分の得点にしか興味がない選手だったがインハイ予選の負けから勝利を目指すためなら汚れ役も辞さない選手になる。全国大会の三回戦ではCBに試合中ポジションチェンジした。

   鈴木(MF)・・・次に紹介する佐藤とともに聖蹟の縁の下の力もち。基本はボランチを務めるがCBやトップ下もこなすユーティリティプレイヤー

   佐藤(MF)・・・鈴木と同様にチームの縁の下の力もち。大柴曰く人類皆兄弟と思えるやつ。

 

  3年生

   水樹寿人(FW)・・・三本の矢の一人であるこのチームのキャプテン。つくしと同様に初心者で一般入部で入るが、類い稀な身体能力と、努力でプロチームの内定をもらっている。つまり10傑の一人。天然でお風呂場で捻挫をしたり突拍子のないことをいったりするが、いざという場面ではキャプテンとして良いところを見せる。試合中に初めてのことを試したりするなど現在進行形で進化を遂げている。

   臼井(DF)・・・CBを務める聖蹟の副キャプテン。ドSな性格でいつもビニールテープを持ち歩いてるらしい。一年時からレギュラーでDFリーダーとして周りを動かす。そのことが足かせになり全国大会2回戦では大会屈指のストライカーに1対1で負けるがマンツーマンDFにつきなおかつDFリーダーの呪縛から解放され1対1を止める。プロのスカウトからも声をかけられる逸材である。本当は監督は彼にキャプテンをさせるつもりだった。

   灰原(DF)・・・SBである。小柄ではあるがスタミナは豊富で積極的な攻撃参加が魅力である。常に明るく振舞っているが常に追われる立場であることを悟らせないためだと周囲は言っている。しかし、夏の合宿時に自分は引っ張る立場であることを理解する。つくしにボール奪取の大切さを説いた。

   猪原(GK)・・・強面のGK。愚鈍であると先輩から言われていたがそれが試合で役立つことがある。彼女持ちであり、妹がいる。ゴールを守るためなら自分の体を放り投げることができる選手。

   速瀬(FW/DF)・・・攻撃的な選手で水樹がいない時には水樹のポジションに入った。サイドを主戦場とするためチームの試合のコンセプトによってSBも務める。ナンパが好き。

   国母(DF)・・・SBを務める。速瀬とはポジションが被っているが、スタイルは違う。どちらかというと守備的な選手。ナンパが好きで速瀬とよくつるむ。

 

  その他

   中澤勝利(監督)・・・選手時代は大した選手ではなかった。自分で自分のことをポンコツと言ったりしているが選手起用がハマったりする。なんだかんだで選手からは信頼されている模様。

   生方(マネージャー)・・・一年生である。つくしが楽な方に流されずにサッカーをやる姿を見て諦めが悪い方に進んで言ったらどうなるのかを知りたくて入部。サッカーのことについては素人だが、独特な戦術眼を持ち敵チームの分析をするようになる。元々は小説家を目指しておりその時の姿がつくしと重なっているように見える。

 

聖蹟高校はこんな感じだろうか。他の高校も書きたいところだが疲れたのでこの辺にします。