模糊日記

模糊日記

理系人間による読書記録とその他の記録

秒速5センチメートル1

今日は前の記事に引き続きアニメーション映画監督の新海誠監督が書いた秒速5センチメートルについて記述していきたいと思います。映画はおよそ60分の作品で、小説は短編が3話入った184ページまで、解説、あとがき含めると191ページの作品になります。

 

ジャンルは恋愛に区分される作品だと思います。ストーリーを少し書いていこうと思うのでネタバレになるかもしれませんがそこは多めに見てください。

第一話「桜花抄」

転校が多かった少年・貴樹と少女・明里の小学生時代から物語は始まる。貴樹が小3時に東京の小学校へ転校してきてその一年後明里は転校してくる。お互い転校が多いこと、体があまり強くないということで行動を共にするようになる。その時明里はタイトルの示す言葉桜の落ちるスピードは秒速5センチメートルであることを貴樹に教える。そして二人は同じ私立中学校に合格し同じ中学校に行くはずだったが明里の転校によりその夢は叶わないものとなってしまう。そしてそれを伝えられた貴樹は何も言えずにいた。そして月日は過ぎ中学校1年生の冬今度は貴樹が転校してしまうことになる。それまでの二人の物理的な距離は東京と栃木であり比較的近いものであったが今度は東京が鹿児島に変わってしまうことになる。そこで文通をしていた二人は遠く離れ離れになる前に会うことを決意する。雪が降る日貴樹は群馬までラブレターを持って明里に会いに行く。その道中大雪のせいで約束の時間を大幅に過ぎてしまいまたラブレターをなくしてしまうが明里と貴樹は再開する。貴樹は会う前は好きだということを伝える決心をするが言えずのまま終わる。そして最後別れ際に明里は貴樹にこの先も大丈夫だよと伝える。

第二話「コスモナウト」

高校三年生の鹿児島貴樹に恋する花苗のサーフィンのするシーンから始まる。進路に悩みながら貴樹への思いを伝えずにいる花苗はサーフボードの上に立つことができたら思いを伝えると決心する。サーフボードに立てずとも花苗は貴樹と一緒に帰ったり話したりすることに積極的ではあった。ある日の帰り道H2Aロケットが地上を運ばれているところを見て貴樹はふと時速5キロだってと口にする。そしてサーフボードに立つことができその夕方貴樹と一緒に帰る時告白しようとするが誰かにメールを打つ貴樹の姿を見て貴樹は自分と同じ場所ではなく向こう側にいると感じ伝えられなかった。そして不意に花苗は涙を流してしまう。それを慰める貴樹を見て優しくしないでと心で唱える。花苗は貴樹を好きなまま離れ離れになるところで終わる。

第三話「秒速5センチメートル

第一話の二人が大人になった時の話になる。名前が明言されているわけではないが一番最初の彼女は明里で彼が貴樹であることは物語を呼んでくれればわかることだろう。貴樹は大学時代、社会人時代と彼女はいたが明里のことが引っかかり付き合うが優しすぎるなどの理由から別れていた。明里の方は結婚を決めた相手がいて東京で同居する準備を進めていた。明里はその時あの大雪の日に貴樹に渡すはずだった手紙を見つける。その手紙を見つけるが結婚相手との生活が始まるためまた時間が経ったら見ようと封筒にその手紙をしまう。一方貴樹は新卒で入った会社を辞め個人でプログラマとしての仕事をしていた。ある日夢を見る。そしてあの時渡すはずだった手紙をもう一度書く。そして、ある奇跡が起きる。ある春の日二人は踏切ですれ違いお互いの目が少しあう。電車がそれを遮るように通り貴樹がその電車が通り過ぎたら前に進もうと決心するところで物語は終わる。

 

長々と書いてしまいましたがストーリーはこんな感じでした。有名どころの作品なのでなんか不適切なところがあるかもしれませんがそこは見逃してください。

私自身の感想や思ったことはまた次の機会に書きます。